エコバッグという枠を超えた使いやすい日常バッグです

エコバッグという言葉が最初に出回りだした頃、
わざわざ店に行くのにエコバッグを持っていくのは面倒臭いなと思いました。

スーパーで買い物をすれば
当たり前のように店の袋をもらえていますし、
まだまだエコバッグにお金を出すという感覚がなかったので
スーパーの袋がなくなるなんて、すごく不便!と思っていました。

けれどもそれから数年がたって、
スーパーで買い物をしても、
袋が有料になっている店が増えたり、
レジ袋を辞退することで店のカードにポイントがついたり、
値引きがされるなどのサービスも増えてきました。

そうなると否が応でもエコバッグのことを意識せざるを得なくなります。

そんな訳で、自分で買おうかと迷っている時にビールか何かに
「景品」としてエコバッグが付いてきました。

無料で手に入れたエコバッグ。

いざ使ってみると、かさばらないし、
ちょっと郵便物を出しに行く時などにも中に荷物を入れて行っても軽くて便利だし、
使い終わったら小さくたためるので、
日常的に使うようになりました。

エコ、と意識はしていないけれど、
なくてはならないバッグになっています。